温度も健康に影響

冬のヒートショックには要注意!室内の温度差が健康にも影響します。

冬、住まいでの急激な温度の変化がヒートショックの原因に。

冬場、温かい部屋から寒い廊下や浴室、トイレなどに移動した時に起こりやすいのがヒートショックです。温度の急激な変化で血圧や脈拍が急上昇して、脳卒中や心筋梗塞を起こす可能性があるといわれています。とくに生理機能が低下している高齢者は注意が必要です。

こんな方は、とくに注意!
65歳以上で、下記に当てはまるものが多ければ注意が必要です。
  • 入浴習慣
    ・一番風呂、深夜の入浴・飲酒後、食直後、薬を飲んだ直後・熱いお湯(42℃以上)に首までつかり長湯
  • 居住空間
    ・浴室や脱衣所に暖房設備がない(20℃未満)・浴室がタイル張りで窓がある・居間、浴室、トイレが離れている
  • 持病がある
    ・動脈硬化が進行・肥満・メタボリックシンドローム・高血圧、糖尿病・不整脈がある
10度以上の温度差に気をつけて!
  1. 寒い脱衣所で衣服を脱ぐと、体表面の温度が下がり、血圧が急激に上昇
  2. 浴槽につかっていると血行が良くなるので血圧が低下
  3. 温まった体で寒い脱衣所にでると、再び血圧が上昇
このように血圧が上下に大きく変動することが健康被害を起こす原因に。

室温をケアしながらバスライフを快適に!

急激な温度差をなくすために入浴前に浴室を温めておくことが効果的です。

  • 電気ヒーター式バス換気乾燥機
    ヒーターで暖めて快適に
  • ミストサウナ
    ミストの保温効果で入浴後もポカポカ
  • ヒートポンプ式サニタリー&バスコンディショナー
    スピード暖房で省エネ!
浴室換気乾燥機 製品詳細はこちら

お問い合わせは

施主様はこちら
  • お問い合わせ
ホームビルダー様はこちら
  • お問い合わせ 換気110番
  • 改正建築基準法に関する換気プランや見積のことなら 換気扇ター