IAQ各国ガイドライン

表1 諸外国の室内空気質ガイドライン

  汚染物質 単位 ドイツ
連邦環境庁
(1996/2004) ※b
フィンランド
室内空気質気候学会
(2001) ※c
ノルウェー
厚生省
(1999)
ポーランド
保健省(1996)
35物資から抜粋
イギリス保健省
(2004)
カリフォルニア州
大気資源局
(2005)
RWⅠ RWⅡ S1 S2 S3
古典的な空気汚染物質 二酸化窒素 μg/m3   60
(1w)
      100
(1h)
  300
(1h)
0.08ppm
(24h)
  350
(30m)
        40
(1y)
0.25ppm
(1h)
一酸化炭素 mg/m3 1.5
(8h)
15
(8h)
2 3 8 10
(8h)
3
(24h)
10
(8h)
9ppm
(8h)
6
(30m)
60
(30m)
25
(1h)
6
(8~10h)
30
(1h)
20ppm
(1h)
二酸化炭素 mg/m3     1300 1650 2200 1800
(最大値)
     
二酸化硫黄 μg/m3                  
                 
                 
オゾン μg/m3     20 50 80   100
(24h)
   
  150
(8~10h)
   
TSP ※a μg/m3                  
PM10 ※a μg/m3     20 40 50       50
(24h)
PM2.5 ※a μg/m3           20
(24h)
    65
(24h)
               
μg/m3                  
有機汚染物質 ホルムアルデヒド μg/m3 120
(1977年設定値)
30 50 100 100
(30m)
50
(24h)
100
(30m)
27ppb
(8h)
100
(8~10h)
アセトアルデヒド μg/m3                  
                 
ベンゼン μg/m3             10
(24h)
5
(1y)
 
    20
(8~10h)
トルエン μg/m3 300 3,000         200
(24h)
   
250
(8~10h)
キシレン μg/m3             100
(24h)
   
    150
(8~10h)
スチレン μg/m3 30 300         20
(24h)
   
30
(8~10h)
エチルベンゼン μg/m3             100
(24h)
   
            150
(8~10h)
   
クロロホルム μg/m3                  
四塩化炭素 μg/m3                  
1.2・ジクロロベンゼン μg/m3                  
1.4・ジクロロベンゼン μg/m3                  
ナフタレン μg/m3 2 20         100
(24h)
   
        150
(8~10h)
   
テトラクロロエチレン μg/m3                  
                 
トリクロロエチレン μg/m3             150
(24h)
   
            200
(8~10h)
   
ジクロロメタン μg/m3 200 2,000
(24h)
             
             
テトラデカン μg/m3                  
二環式テルベン μg/m3 200 2000              
ポリ塩化ビフェニル μg/m3                  
                 
フタル酸ジ・n・ブチル μg/m3             100
(24h)
   
150
(8~10h)
フタル酸ジ・2・エチルへキシル μg/m3                  
リン酸トリス
(2-クロロエチル)
μg/m3 5 50              
ベンゾ・a・ピレン μg/m3               0.00025
(1y)
暫定値
 
ジイソシアネート μg/m3 硬化後に長期暴露はないが使用時は換気              
総揮発生有機化合物
(TVOC)
μg/m3 10000~25000
(改装等の一時)
1000~3000未満
(長期間の居住)
200~300未満
(最大長期平均目標)
200 300 600 不必要な
曝露を避ける
  1mg/m3以上の値と感覚や刺激の症状が報告された場合は汚染源調査と対策実施  
ペンタクロロフェノール μg/m3 0.1 1         5
(24h)
   
        10
(8~10h)
   
クロルピリホス μg/m3                  
ダイアジノン μg/m3                  
フェノブカルブ μg/m3                  
その他 アンモニア μg/m3     30 30 40   300
(24h)
   
      300
(8~10h)
   
アスベスト fibres/ml           0.001      
人工鉱物繊維 fibres/ml           0.01      
ラドン Bq/m3     100 100 200 200・400      
受動喫煙
(ニコチン濃度)
μg/m3           1
(喫煙場所)
     
          10
(Restaurant禁煙エリア)
     
ハウスダスト μg Der I
allergen/g
          1      
硫酸塩 μg/m3                  
水銀 μg/m3 0.035 0.35         1
(24h)
   
        3
(8~10h)
   
細菌 CFU/m3                  
カビ CFU/m3           臭いが生じない      
臭気強度 強度指数     3 4 5.5        
湿熱等 室温     23・24
(夏)
23・26
(夏)
23・27
(夏)
       
    21・22
(冬)
20・22
(冬)
20・23
(冬)
       
相対湿度 %RH           過剰な湿度が長時間生じない      
         
気流 m/s     0.20
(夏)
0.25
(夏)
0.30
(夏)
       
    0.13
(冬)
0.16
(冬)
0.19
(冬)
       

表2 諸外国の室内空気質ガイドライン(続き)

  汚染物質 単位 カナダ
保健省
(1987)
スイス 連邦
公衆衛生局
(1991・2002)
オーストラリア
国立保健医療
研究審議会
(1979・1995)
シンガポール
環境省
(1996)
中国
香港特別行政区
(2003)(8hr)
中国
環境保護総局
(2002)
事務所の建物 最良質 良質
古典的な空気汚染物質 二酸化窒素 μg/m3 100
(長期)
      40 150 240
(1h)
480
(1h)
     
一酸化炭素 mg/m3 11ppm
(8h)
  10
(8h)
10
(8h)
2 10 10
(1h)
25ppm
(1h)
     
二酸化炭素 mg/m3 6300
(長期)
    1800
(8h)
800ppm 1000ppm 1000ppm
(24h)
二酸化硫黄 μg/m3 50
(長期)
  700
(10m)
      500
(1h)
1000
(5m)
  700
(1h)
     
  60
(1y)
     
オゾン μg/m3 240
(1h)
  240
(1h)
100
(8h)
50 120 160
(1h)
 
TSP ※a μg/m3     90
(1y)
       
PM10 ※a μg/m3       150 20 180 150
(24h)
PM2.5 ※a μg/m3 40
(長期)
           
100
(1h)
           
μg/m3     1.5
(3mh)
       
有機汚染物質 ホルムアルデヒド μg/m3 120
(行動)
120 120
(天井値)
学校・住居
120
(8h)
30 100 100
(1h)
60
(目標)
アセトアルデヒド μg/m3              
             
ベンゼン μg/m3           16.1 110
(1h)
トルエン μg/m3           1092 200
(1h)
キシレン μg/m3           1447 200
(1h)
スチレン μg/m3              
エチルベンゼン μg/m3           1447  
           
クロロホルム μg/m3           163  
四塩化炭素 μg/m3           103  
1.2・ジクロロベンゼン μg/m3           500  
1.4・ジクロロベンゼン μg/m3           200  
ナフタレン μg/m3              
             
テトラクロロエチレン μg/m3           250  
           
トリクロロエチレン μg/m3           770  
           
ジクロロメタン μg/m3              
             
テトラデカン μg/m3              
二環式テルベン μg/m3              
ポリ塩化ビフェニル μg/m3   2
(24h)
         
  6
(8h)
         
フタル酸ジ・n・ブチル μg/m3              
フタル酸ジ・2・エチルへキシル μg/m3              
             
リン酸トリス
(2-クロロエチル)
μg/m3              
ベンゾ・a・ピレン μg/m3             0.001
(24h)
ジイソシアネート μg/m3              
総揮発生有機化合物
(TVOC)
μg/m3     500
(1h)
3ppm ※d 200 600 600
(8h)
ペンタクロロフェノール μg/m3              
             
クロルピリホス μg/m3              
ダイアジノン μg/m3              
フェノブカルブ μg/m3              
その他 アンモニア μg/m3             200
(1h)
           
アスベスト fibres/ml              
人工鉱物繊維 fibres/ml              
ラドン Bq/m3 800
(1y)
  200
(1y)
  150 200 400
(1y)
受動喫煙
(ニコチン濃度)
μg/m3 室内での曝露は
避けるべき
           
ハウスダスト μg Der I
allergen/g
             
硫酸塩 μg/m3     15
(1y)
       
水銀 μg/m3              
             
細菌 CFU/m3       500 500 1000 2500
カビ CFU/m3       500      
臭気強度 強度指数              
湿熱等 室温       22.5~25.5 20~25.5 25.5未満 22・28
(夏)
      16・24
(冬)
相対湿度 %RH 30・80
(夏)
    70以下 40~70 70未満 40・80
(夏)
30・55
(冬)
    30・60
(冬)
気流 m/s       0.25 0.2 0.3 0.3
(夏)
      0.2
(冬)

表3 諸外国の室内空気質ガイドライン(続き)

  汚染物質 単位 韓国環境部(2003) 日本厚生労働省
(1997・2001)
WHO
Headquarters(1999)
抜粋
大気・室内
WHO
Europe(2000)
抜粋
大気・室内
大規模
店等
医療機関
室内
駐車場
古典的な空気汚染物質 二酸化窒素 μg/m3 0.05ppm 0.3ppm   200
(1h)
200
(1h)
  40
(1y)
40
(1y)
一酸化炭素 mg/m3 10ppm 25ppm 10ppm ※e 10
(8h)
10
(8h)
30
(1h)
30
(1h)
二酸化炭素 mg/m3 1000ppm 1000ppm ※e 1000ppm  
二酸化硫黄 μg/m3         500
(10m)
500
(10m)
        125
(24h)
125
(24h)
        50
(1y)
50
(1y)
オゾン μg/m3 0.06ppm 0.08ppm   120
(8h)
120
(8h)
 
TSP ※a μg/m3            
PM10 ※a μg/m3 150 100 200 150 ※e    
PM2.5 ※a μg/m3            
           
μg/m3         0.5
(1y)
0.5
(1y)
有機汚染物質 ホルムアルデヒド μg/m3 120 100 100
(30m)
100
(30m)
アセトアルデヒド μg/m3       48 50
(1y)
 
      2000
(24h)
 
ベンゼン μg/m3         4.4~7.5×10-6(μg/m3-1※f 6×10-6(μg/m3-1※f
トルエン μg/m3       260 260
(1w)
260
(1w)
1000
(30m)
1000
(30m)
キシレン μg/m3       870 4800
(24h)
 
870
(1y)
スチレン μg/m3       220 260
(1w)
260
(1w)
7
(30m)
7
(30m)
エチルベンゼン μg/m3       3,800 22,000
(1y)
 
クロロホルム μg/m3         4.2×10-7(μg/m3-1※f  
四塩化炭素 μg/m3            
1.2・ジクロロベンゼン μg/m3            
1.4・ジクロロベンゼン μg/m3       240 1000
(1y)
 
ナフタレン μg/m3            
           
テトラクロロエチレン μg/m3         250
(24h)
250
(1y)
        8000
(30m)
トリクロロエチレン μg/m3         4.3×10-7(μg/m3-1※f 4.3×10-7(μg/m3-1※f
       
ジクロロメタン μg/m3         3000
(24h)
450
(1w)
        3000
(24h)
テトラデカン μg/m3       330    
二環式テルベン μg/m3            
ポリ塩化ビフェニル μg/m3            
           
フタル酸ジ・n・ブチル μg/m3       220    
フタル酸ジ・2・エチルへキシル μg/m3       120    
           
リン酸トリス
(2-クロロエチル)
μg/m3            
ベンゾ・a・ピレン μg/m3         8.7×10-2(μg/m3)-1※f 9×10-2(μg/m3)-1※f
ジイソシアネート μg/m3            
総揮発生有機化合物
(TVOC)
μg/m3 500 4000 1000 400暫定目標値    
ペンタクロロフェノール μg/m3            
           
クロルピリホス μg/m3       1
(小児0.1)
   
ダイアジノン μg/m3       0.29    
フェノブカルブ μg/m3       33    
その他 アンモニア μg/m3            
           
アスベスト fibres/ml 0.01     10-5~10-4(0.0005f/ml)-1※f
人工鉱物繊維 fibres/ml            
ラドン Bq/m3 4pCi/l     100
(1y)
受動喫煙
(ニコチン濃度)
μg/m3            
        1×10-3(μg/m3)-1※f 1×10-3(μg/m3)-1※f
ハウスダスト μg Der I
allergen/g
           
硫酸塩 μg/m3            
水銀 μg/m3         1
(1y)
1
(1y)
       
細菌 CFU/m3   800        
カビ CFU/m3            
臭気強度 強度指数            
湿熱等 室温       17~28 ※e    
         
相対湿度 %RH       40~70 ※e    
         
気流 m/s       0.5 ※e    
         

※( ):y(年),mh(月),h(時間),m(分)の各平均曝露時間

※a
TSP:総浮遊遊粒子状物質,PM10:粒径10μm以下の浮遊粒子状物質,PM2.5:粒径2.5μm以下の粒子状物質
※b
RWⅠ:長時間曝露でも健康影響を引き起こす十分な科学的根拠はないが、健康上望ましくない平均曝露濃度よりも高いため、予防のために行動する必要がある濃度
RWⅡ:既存の毒性・疫学的知見をベースとした健康影響に関連した濃度
※c
S1:最良質な室内空気質(アレルギーや呼吸器系疾患等を有する居住者の要求を満たす濃度)
S2:良質な室内空気質
S3:満足できる室内気候
※d
光イオン化検出器で測定(トルエン基準)
※e
建築物衛生管理法の建築物環境衛生管理基準
※f
ユニットリスク:一生涯曝露の発がん確率
<出典>
諸外国の室内空気質規制に関する調査研究:東賢一 他2名、日本建築学会環境系論文集 第597号P89~P96 2005年11月


日本の微小粒子状物質(PM2.5)による大気の汚染に係る環境基準は「1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること」とされています。(平成21年9月9日 環境省告示33号)