快適と省エネを両立する熱交換気

第1種 DCモーター熱交換型換気は、健康にも省エネにも配慮

これからの住宅は健康と省エネに配慮した換気がオススメ

熱交換気(全熱交換)とは

換気による熱エネルギーを回収し、取り入れた新鮮な外気に回収した熱エネルギーをのせて室内に返します。

温度
冬期、外気温度が0℃の時、熱交換をして14℃にして給気します。
(室内温度が20℃の時)
湿度
夏場多湿な空気とエアコンにて除湿された室内の空気を全熱交換すると、室外の多湿な空気を室内の除湿された湿度に近づけ、部屋内に給気します。
熱交換素子のしくみ
一般換気
自然給気口や給気ファンで外気をそのままの温度で給気します。
●自然給気口の給気のようす
熱交換気
冬期の場合、室内の温かい空気のエネルギーを利用して、外の冷たい空気を暖めて取り入れます。
●熱交換気のようす

人体快適基準を満たす温度・湿度

熱交換気のメリット

■冷暖房費を抑えて省エネ。

冷暖房費の節約
熱ロスが少ないため、室内の快適温度が損なわれず、冷暖房費を大幅節約。
●熱交換気による金額・回収計算

■室温をほとんど変えないので快適。

暖房の暖かさを保ちながら換気します
冬、冷たい外気を予熱して給気するので、冷たい空気が吹出す不快感を防ぎます。
冷房の涼しさを保ちながら換気します
外気を室温に近づけて給気。より快適な環境をつくります。

■遮音効果が高い。

室内音が洩れにくい
音の流出を防ぎながら換気。夜の音楽やビデオも安心です。
戸外の騒音もやわらげる
自動車や工事音の侵入を防ぎながら換気します。