Webサイト改善のため
アンケートにご協力ください
(30秒ほどで終わります)

Q1. あなたご自身について、
お答えください

施設・居住系サービス

高齢者が暮らしやすいように配慮した「住まい」の種類やサービス

介護施設&高齢者住宅サービス内容

介護施設&高齢者住宅サービス内容 ベッドイラスト
施設の種類 サービス内容
介護保険施設 住まい 特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設) 常に介護が必要で、居宅での生活が困難な人が、日常生活の支援や介護を受けられます。
※新規の入居者は要介護3以上の重度者に限定。
老人保健施設 在宅復帰を目指している人が、自立した日常生活を送ることができるように、リハビリや必要な医療、介護を受けられます。
※要支援1・2の人は利用できません。
介護療養型医療施設 長期にわたって療養を必要とする人が、可能な限り自立した日常生活を送ることができるようにリハビリや必要な医療、介護を受けられます。
※要支援1・2の人は利用できません。
その他 高齢者施設 住まい 有料老人ホーム 高齢者が暮らしやすいように配慮した「住まい」に、食事や介護の提供、洗濯、掃除等の家事、健康管理などの日常生活を送るうえで必要な「サービス」が付いた「住まい」です。
そのサービスは入居者の心身の状況に応じて、長い期間広い範囲にわたって提供されます。 4つの類型、介護付(一般)、介護付(外部)、住宅型、健康型がありサービス内容が異なります。
サービス付き高齢者向け住宅 安否確認と生活相談サービスが必須のサービスで、バリアフリー構造や、一定の面積設備などが定められています。
必須のサービス以外に利用できるサービスや、価格は住まいごとに異なります。

老人福祉施設サービス内容

老人福祉施設サービス内容 食事イラスト

介護保険の施設以外にも、さまざまな『老人福祉施設』があります。

施設の種類 サービス内容
老人福祉施設 住まい 養護老人ホーム 65歳以上の自立の方で、主に経済的理由から、自宅での養護が困難と認められた人を対象とした施設です。
特別養護老人ホームとは違い、介護保険の施設サービスではありません。
行政が管轄している施設のため、入居の申し込みは市区町村の窓口になります。
ケアハウス 60歳以上の自立した方を対象とした、食事、入浴付きの住まい。
日常生活を行うことはできるが、身体機能が低下しつつあり、自立した生活が不安な方が利用する施設です。
老人福祉施設 日帰り
サービス
老人福祉センター 無料または低額な料金で、老人福祉に関する各種の相談に応じ、高齢者の健康増進や教養の向上、またレクリエーションなどの機会を総合的に提供することを目的として設置された老人福祉施設です。
その地域に住む60歳以上の人なら誰でも利用でき、地域の高齢者同士を結ぶコミュニティ機関の役割も果たしています。