口腔ケア

口の健康は、全身の健康のカギです

高齢になると、唾液の量が減って口が渇くため、口の中が汚れやすくなります。口の中に雑菌が増えると、全身の健康にも影響します。正しいケアを行い、定期的に専門家のチェックを受けましょう。

口腔ケアを怠ると…?

・微生物が気管に流れ込んで起こる誤嚥性肺炎や、感染症になる危険性が高い
・咀嚼しにくくなることで脳への刺激が弱まり、間接的に認知症の原因となる可能性もあります。

まずは、歯の状態をチェック

① 奥歯  上下どちらかの歯が抜けていると噛み合わせの面が汚れやすい

② 両隣の歯が抜けている(孤立歯)  歯のすべての面が汚れやすい

まずは、歯の状態をチェック

特に汚れやすい場所は
重点的にケアしましょう

① 歯ぐきの上下(口腔前庭部)  食べ物がたまりやすい部分

② 舌の表面  口の中の筋力の衰えや唾液の量の減少により、汚れやすい

③ 歯の表面  唾液の量の減少など、自浄作用の低下により汚れやすい

④ 上あご  口の中の筋力の衰えや唾液の量の減少により、食べ物が付きやすい

⑤ 歯と歯の間(歯間)  加齢にともなう歯ぐきのやせにより、汚れやすい

⑥ まひがある場合  まひ側に食べ物などがたまりやすい

特に汚れやすい場所は重点的に

口腔ケアをマスターしましょう

口の健康を維持するために大切な口腔ケアは、理想は1 日3 回毎食後、できない時は1日1 回就寝前にしっかりと。
ポイントを押さえて、効果的に行いましょう。

  • 正しい姿勢
  • ベッドを30度以上起こし、あごを引いてもらう
  • 介助者はいすに座るなどして目線を合わせる
  • 口の中は本人から見えないため、今から何をするのかを本人に伝えながら行いましょう。
口腔ケアをマスターしましょう 口腔ケアをマスターしましょう

参考文献:和光堂株式会社『口腔ケアハンドブック』(口腔リハビリテーション多摩クリニック院長 菊谷武先生 監修)

パナソニックのエイジフリー 介護用品・リフォーム WEBカタログ

ページの先頭へ