寝室・屋内移動

高齢者もご家族もずっと安心して過ごせるわが家へ。
住まいのあちこちの注意ポイントを今すぐチェック!

それまで何でもなかったわずかな段差や凸凹も、転倒やケガの原因に。
住み慣れた我が家で長く、安心・快適に暮らすために注意したい場所を改善しましょう。

住まいの不都合が思い当たるところをクリックしてください。

体が後ろに下がらない引き戸や折れ戸への交換がおすすめ。
引き戸や折れ戸はバランスを保ちやすく、車いすでの開閉も容易です。

扉

スイッチ

車いすでも無理なく手が届く位置に。
・スイッチの取り付け目安90 〜120cm 程度
・コンセントの取り付け目安40cm 以上

スイッチ

照明

高齢になると視力が低下するため、今まで以上の明るさが必要です。
リモコン付など、手元で操作できるものが便利です。

また、階段は特に自分の影で足元が暗くなりやすいので、踏み外しを
防ぐためにも足元灯でしっかり照らしましょう。

照明

段差がなく、車いすで移動しやすい床に転倒の原因で多いのは
家の中の段差です。
車いすやべッドの使用も考え、フローリングにしましょう。

床

トイレ

トイレへの移動も、負担が大きい動作です。
例えば、押入れをトイレに改修すると、夜中もすぐに行けて安心です。

手すり

途切れないように連続して設置しましょう。

手すり

階段手すり

身体が安定する平坦な位置まで途切れなく設置しましょう。

階段手すり 明かり

エイジフリーショップにおまかせ!!建築士(住環境プランナー)がいます!!

福祉の知識をもった建築士が、ひとりひとりにあったプランを作成し、工事完了まで一貫して
担当します。今のご不安から将来のお困りまでを考え、暮らしをよりよく変えていきます。

エイジフリーショップにおまかせ!!福祉の専門家の建築士がいます!!
パナソニックのエイジフリー 介護用品 WEBカタログ

ページの先頭へ