入浴・おふろ

高齢者もご家族もずっと安心して過ごせるわが家へ。
住まいのあちこちの注意ポイントを今すぐチェック!

それまで何でもなかったわずかな段差や凸凹も、転倒やケガの原因に。
住み慣れた我が家で長く、安心・快適に暮らすために注意したい場所を改善しましょう。

住まいの不都合が思い当たるところをクリックしてください。

手すり

・浴槽への出入りに横手すり
・浴槽からの出入りにL型形状に

手すり

浴槽

またぎやすく、適度な長さに

施工前

段差が大きくて浴槽に
入るのがこわい

施工後

段差が小さくてまたぎやす
く、安心して浴槽に入れる

 

  • ・またぎやすい高さは洗い場から35~40cm。
  • ・出入りしやすい浴槽の深さは50cm程度。
施工前
施工後
浴槽

温熱環境

急な寒暖差による血圧急変動予防に浴室暖房を。
入浴前にシャワーなどで浴室を温めておきましょう。

ヒートショック

カラン

操作しやすいレバー式、簡単に温度調整ができるサーモスタット式がおすすめ。

カラン

浴室の床は、湯水や石けんですべりやすくなっています。また、冬場の底冷えに注意して。
システムバスへ変更すれば、床の冷え対策にもなります。

床の冷え

開き戸よりも、引き戸・折れ戸のほうが前後移動が少なく、バランスを保ちやすくなります。
また開口時もスペースをとらないので、シャワーチェアも
使いやすくなります。

扉

洗面・脱衣スペース

着脱衣時の転倒を防ぐためにも、腰掛けいすの利用がおすすめ。
車いすを使う場合は、直径150cm 以上のスペースが必要です。引き戸で開口幅75cm以上の出入り口にすれば、車いすやシャワーキャリーで移動しやすくなります。

洗面・脱衣スペース

エイジフリーショップにおまかせ!!お客様に選ばれて、年間27,700 件の工事実績!!

パナソニックは1998 年より介護事業に取り組み、お客様の笑顔あふれる暮らしを叶えるために、
蓄積したノウハウを全国で共有しています。

※ 2015 年度工事実績

エイジフリーショップにおまかせ!!お客様に選ばれて、年間29,000 件※の工事実績!!
パナソニックのエイジフリー 介護用品 WEBカタログ

ページの先頭へ