パナソニックの介護への取り組みレポート

介護用品の販売・レンタル

地域密着の介護ショップとして、
フィッティングからアフターサービスまで
サポートします。

専門知識を駆使してフィッティング。
その人に合った介護用品を選定します。

介護用品ご利用いただくときには、ご利用者の介護レベル、身体の状態から住宅環境、一日の行動までをお聞きした上で、どんな介護用品が必要かどうかをご提案する「福祉用具サービス計画」を作成します。
たとえば車いすが必要となった場合。福祉用具専門相談員の資格を持った専門のスタッフが、ご利用者の体格や体力、行動の癖までを考えて多くの車いすの中から2~3機種を選定します。
実際にご利用者にそれぞれの車いすに乗っていただきベストな機種を決定。お身体の状態に合わせて座面の高さ、足台、車軸などきめ細かく調節(フィッティング)します。車いす選びのポイントは、このフィッティングの差にあるといえます。
定期的に訪問し用品の点検を行っています。

定期的に訪問し用品の点検を行っています。

アフターサービスもしっかり。
地域密着だからここまでできます。

お届けするレンタル品は、パナソニックの自社工場(レンタルセンター)で、洗浄・脱臭、メンテナンスを行ったもので安心してお使いいただけます。もちろんお届けもベッドの組み立ても、配送マイスター研修を受けた配送員が行います。
販売やレンタル後も、福祉用具サービス計画通りに使用されているか、器具に不具合はないかをチェックするために定期的に訪問するなど、地域密着の介護ショップとしてのお付き合いを深めています。

介護の有資格者が中心となって、
レンタル・販売を行います。

介護ショップは、介護用ベッドから車いす、つえまでさまざまな介護用品をレンタル・販売しています。
パナソニックは特に、地域によりそう介護ショップとして、訪問してのフィッティング、アフターサービスに力を入れています。
そして担当スタッフは、介護に関わる有資格者で、居宅介護支援事業所、地域包括支援センターのケアマネジャーと連携し、お身体の状態により合った用品・機種選定が可能です。
レンタル・販売用品は常に進化しています。新商品が発売されるたびにメーカーからいち早く情報を収集分析し、これはどんな方に、どんな症状の方に合うのだろうかをスタッフ全員で共有しています。パナソニックの介護ショップには、ご利用される方の満足に応える、人材と用品が揃っています。

ページの先頭へ