リショーネPlus導入事例

在宅事例のご紹介 商品の詳細ページはこちら

新潟県在住 百合子様

自宅でおだやかに、楽しく過ごしてほしい。
家族の思いを叶える答えがリショーネPlusでした。

新潟県 百合子様
リショーネPlusは私の想像をはるかに超えた介護用品です。
在宅介護の質を上げるには、最新の情報を得ることが大切です(洋一郎様)

同居ご家族(百合子様のご長男夫妻):洋一郎様(69歳)、キヨ子様(67歳)
2017年1月に脳梗塞を発症。右片麻痺、失語等の後遺症を患う。ほぼ寝たきりの状態で2017年4月より、リショーネPlusのレンタルを開始。主介護者は同居のご長男夫妻。
●リショーネPlus提供事業者:さくらメディカル株式会社(本社:新潟県上越市) 
※ご年齢などは、取材時(2017年12月)のものです。

「ご本人にも、支えるご家族にもメリットばかり」と、
関係者全員が導入に前向き。

脳梗塞の後遺症で寝たきりとなり、家族での介護がスタート

百合子様が脳梗塞で倒れられたのは2017年1月のことでした。余命2~3ヵ月と診断されたため、ご家族は「最期の時間は自宅で」と、20日間の入院の後、在宅介護を選択されました。
「口から食事を」というご家族の強い思いで胃ろうは増設せず、3モーターベッドとエアーマットのレンタル、訪問介護と訪問入浴サービスを利用して、介護生活がはじまりました。

リショーネPlusは、約8畳の百合子様のお部屋に設置されています。

リショーネPlusは、約8畳の百合子様のお部屋に設置されています。

介護ロボット導入に積極的な福祉用具会社とケアマネジャーが提案

百合子様を担当されている福祉用具専門相談員・横山様とケアマネジャー・樋口様が、レンタルがスタートしたばかりのリショーネPlusを提案。
「百合子様はご家族からの声かけが理解できてご自身の意思も伝えることができること、ご自宅がバリアフリーであること、ご家族のサポート力が高かったことが、おすすめした理由です」と樋口様。 横山様は「私も、樋口さんと同じ時期に同じ理由でリショーネPlusをすすめたいと考えていました」とのことで、すぐにご長男夫妻がショウルームで実物をご覧になることになりました。

背上げした状態では、ベッドサイドテーブルに置いたテレビの鑑賞を楽しまれます。

背上げした状態では、ベッドサイドテーブルに置いたテレビの鑑賞を楽しまれます。

見て、寝て、座ってみて、「これはいい!」と即決

ショウルームでリショーネPlusを使われたご長男夫妻は、まず「寝心地がいい」と感心されました。「はじめて見る介護ベッド。ぜひ使ってみたい」と導入に一切の迷いはなかったそうです。
ケアマネジャーの樋口様は「寝たきりから車いすを使うようになったことで、寝たきり時にはなかった『介助者がベッドから車いすに移動する』というご家族の負担が増えますが、リショーネPlusはそれがないのがよかった」と振り返られます。

「実際に自宅で自分が使うことを考えたとき、介助者1人で操作できることが重要なポイントでした。介助に2人必要だったら導入しなかったと思います」(洋一郎様)

「実際に自宅で自分が使うことを考えたとき、介助者1人で操作できることが重要なポイントでした。介助に2人必要だったら導入しなかったと思います」(洋一郎様)

※本内容は、個人の感想です。ご利用される方の状態・介護環境等で感じ方・効果に差があります。

リショーネPlusのレンタルをご検討されているお客様は下記までご連絡ください。

問い合わせ先

0120-365887 受付時間 9:00~17:30(土、日、祝日休み)

ページの先頭へ