室内用自在手すり ツインディ工事不要

力が入りやすい腕の形にあわせられる。
  • 玄関
  • 脱衣所

おすすめの使用場所 使用可能な場所

コンセプト

肩幅で手を置けるから、力が入れやすく、横揺れに強い。

<立ち上がるとき>
<立ち上がった後>
  • 肩幅以下力が入れやすく前傾しづらい(脚力で立つ必要がある)
  • 肩幅以上力が入れやすく前傾しやすい(脚力が衰えても立ちやすい)
  • 肩幅以下両手の幅より頭が出るため横揺れに弱い
  • 肩幅以上両手の幅の間に頭があるため横揺れに強い
  • 片側だけで30㎝両側でMAX60㎝

    片側だけで30㎝両側でMAX60㎝
  • ベッドまわりでの移乗

    ベッドまわりでの移乗
  • 床からの立ち上がり

    床からの立ち上がり

商品特長

  • 左右の手すりが独立して調整できる
  • 一連の動作がしやすい多数の持ち手と幅広手すり
  • 力を入れやすく首に負担の少ない角度

使用例  ※使う方の身体症状・家屋状況等により使用方法は異なります

ベッドでの起き上がり+立ち上がり (手すりをベッドに対し水平に置き、足元側を60度に設定)

  • ベッドでの起き上がり+立ち上がり 1
  • ベッドでの起き上がり+立ち上がり 2
  • ベッドでの起き上がり+立ち上がり 3
手すりを手首に負担が掛らない自然な角度にする事で安定して力を入れられ、立ち上がりやすくなります。

ベッドでの起き上がり+ポータブルトイレへの移乗
(手すりをベッドに対し垂直に置き、150度に設定)

  • ベッドでの起き上がり+ポータブルトイレへの移乗 1
  • ベッドでの起き上がり+ポータブルトイレへの移乗 2
  • ベッドでの起き上がり+ポータブルトイレへの移乗 3
人の自然な動きに合わせてポータブルトイレへ移乗しやすくなります。

床敷布団での起き上がり+立ち上がり (手すりを布団に対し平行に置き、足元側を30度に設定)

  • 床敷布団での起き上がり+立ち上がり 1
  • 床敷布団での起き上がり+立ち上がり 2
  • 床敷布団での起き上がり+立ち上がり 3
  • 床敷布団での起き上がり+立ち上がり 4
  • 床敷布団での起き上がり+立ち上がり 5
  • 床敷布団での起き上がり+立ち上がり 6
肩幅で手すりを持つことで体が安定し、また手すりの角度があることで、足の踏み出しがしやすく、立ち上がりやすくなります。

商品一覧表

品名・品番 価格
室内用自在手すりツインディ
PN-L80101
希望小売価格
60,000円(税抜)

ページの先頭へ