居宅介護支援

住み慣れた地域、安らげるご自宅での快適な生活。
ご本人の体調やご家庭の状況・要望をお伺いし
"安心いただける暮らし"をご提案します。

ご本人らしく生活できるようケアマネジャーがご相談しながら、介護サービスなどを組み合わせてケアプランを作成します。サービス事業者と連携し、ご自宅での生活を支援します。

◎ケアプランの作成費用は全額介護保険で支払われます。

居宅介護支援とは

介護保険や介護に関する相談援助をします。

要介護認定等の申請・更新手続きを援助します。

ケアプランの作成を行います。

生活の意向を伺い、適切な介護サービスの利用計画を作成し、ご本人・ご家族とともに最適な介護サービス事業者を選定します。

医療機関・介護保険施設への入院・入所または退院・退所の時、日常生活がとぎれることのないよう、施設との連携をはかります。

居宅介護支援の流れ

ケアマネジャーとは・・・

介護保険制度をはじめとする介護支援の知識と、豊富な地域情報を持っています。

専門知識を基に介護系医療系のサービス事業者との調整を行い、ご本人の日常生活の支援を行います。

サービスご利用後も、ご本人・ご家族の生活状況を把握し、心身の状態に合わせケアプランを見直します。

主治医やサービス事業者との連携をはかります。

スタッフメッセージ

居宅介護支援
管理者

「お客様の気持ちに寄り添い、ケアプランを一緒に考えていきます」

私どもがお会いするのは、初めて介護サービスを利用されるお客様がほとんどです。
突然起こった介護に戸惑っていらっしゃるお客様やご家族のお話を良く聞いて、一緒に考えながら、ケアプランをご提案しています。

そのケアプランをもとに、主治医をはじめ、サービスを提供する事業者と、綿密な連携を図りチーム一丸となって取り組んでいます。
お客様にサービスや福祉用具を利用していただき、生活が少しでも快適になったとき、そしてそのことをお客様やサービス事業者と一緒に喜べるときに、この仕事のやりがいを感じます。

 

ページの先頭へ