お問い合わせ・資料請求 06-6906-2213 お問い合わせ・資料請求はこちら
  • トップ
  • パナソニックからのご提案
  • 開業までの流れ
  • よくあるご質問
  • 募集エリア
  • セミナー

パナソニックからの土地活用ご提案

土地活用に「高齢者向けのサービス・住まい」

パナソニックからのご提案

ご提案1エイジフリーハウス ご提案2エイジフリーケアセンター

なぜ、土地活用に「高齢者向けのサービス・住まい」なのか?

point1高齢者人口が増えつづけています。

2035年には、
3人に1人が65歳以上に

<高齢化の推移と将来設計>

<高齢化の推移と将来設計>

75歳以上の高齢者の方が
都市部でとくに急増

<東京・愛知・大阪と全国の高齢化率>

<東京・愛知・大阪と全国の高齢化率>

point2在宅介護のサービス・高齢者向けの住まいが求められています。

在宅介護サービスの市場は大きく
将来的にも不足

<介護サービス別需要予測データ>

<介護サービス別需要予測データ>

特別養護老人ホームの
入所待ちは52万人

<特別養護老人ホームの待機者の推移>

<特別養護老人ホームの待機者の推移>

ご提案1エイジフリーハウス
ご提案2エイジフリーケアセンター

うれしい経済メリット

うれしい経済メリット

立地条件に左右されません。
入居待ち多数で安定収入に

現在、既存アパートは需要過多で空室率約19%に増加。アパートを建てても空室が心配です。一方、高齢者の住宅や施設は、大変不足しています。立地条件が少々悪くても地域の方が通いやすく、都心に住むご家族も行きやすいエリアなら、入居率が安定します。

うれしい経済メリット

築年数が経っても、
稼働率は下がりません

一般的な賃貸住宅は、年数経過で入居率は下がってしまいますが、介護サービス事業は築年数が経っても、稼働率が下がることはありません。
むしろ、地域での運営実績の積み重ねで評判も上がり、稼働率アップが期待できます。

介護事業はパナソニック

1998年に介護事業をスタート経験とノウハウを蓄積

介護用品を豊富に揃え、建築と福祉の資格を持つプロが、リフォームもご提案

介護現場のニーズとパナソニックの先進技術を融合させて設計・開発

  • 土地活用をお考えの方
  • オーナー様レポート
  • セミナー 開催予定のセミナーはこちら
  • エイジフリーハウスのご紹介
  • エイジフリーで働く仲間を募集中です

お問い合わせ資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせ 06-6906-2213

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求はこちら

ページの先頭へ